私たちのミッション:

言語や文化などの障壁をなくして、思いついたアイデアや見つけた情報を一瞬にして共有する力をすべての人に提供すること

Twitterは

多様な価値観と様々なバックグラウンドを持つ社員が協働し、世界35カ所以上のオフィスで事業展開しています

サンフランシスコの本社からニューデリーまで、どの国の人でも情報発信することができ、すべての声を聞くことができるプラットフォームの構築に懸命に取り組んでいます。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.
 

経営陣のご紹介

Jack Dorsey

CEO

Jack Dorsey

Jack Dorsey

CEO

2006年にTwitter, Inc.を共同創設し、その後2015年9月に最高経営責任者(CEO)として復帰しました。Squareも共同創設し、CEOと会長を努めています。

The Walt Disney Companyの取締役でもあります。

Leslie Berland

CMO 兼 ヘッドオブピープル

Leslie Berland

Leslie Berland

CMO 兼 ヘッドオブピープル

最高マーケティング責任者としてTwitterのグローバル消費者、プロダクト、セールスマーケティング、およびコミュニケーション事業を統括しています。また、人事責任者として、Twitterの人事、採用、学習、組織開発のチームを統括しています。 

2016年にTwitterに入社する前は、American Expressで副社長、グローバル広告担当、マーケティング & デジタルパートナーシップ担当を努めました。2005年に入社したAmerican Expressでは、世界的な市場の需要創設と、プロダクト、マーケティング、顧客体験の差別化を通じた取引推進を担うグローバルチームを率いていました。同社のグローバル経営陣の一員として、広告、メディアスポンサーシップ、コンテンツ、ブランドアイデンティティとデジタルパートナーシップを統括していました。それ以前には、広告代理店で世界的なブランドのPRとオンラインコミュニケーション戦略を行っていました。

ボストン大学のコミュニケーション学部で理学士号(B.S.)を取得しています。

Kayvon Beykpour

ゼネラルマネージャー、動画プロダクト部門

Kayvon Beykpour

Kayvon Beykpour

ゼネラルマネージャー、動画プロダクト部門

動画プロダクトのリードとして、リアルタイムコンテンツ、動画、自身が共同創設したPeriscope(ライブ放送の作成、閲覧、配信ができるプラットフォーム)を監督しています。

Periscope以前には、ソフトウェア企業のTerriblyClever Design LLCを共同設立し、同社はのちにBlackboard Inc.に売却されました。買収先のBlackboardではモバイル部門を4年間統率し、5名のチームを100名強まで拡大し、Blackboardを教育事業で随一のダウンロード数を誇るアプリにまで高めました。

スタンフォード大学でコンピューターサイエンスの学位を取得しています。

Bruce Falck

ゼネラルマネージャー、レベニュープロダクトおよびエンジニアリング部門

Bruce Falck

Bruce Falck

ゼネラルマネージャー、レベニュープロダクトおよびエンジニアリング部門

レベニュープロダクト部門部長として、Twitter上のマーケターのための広告プロダクト戦略と執行を管轄しています。20年以上にわたる経験の中、デジタル広告とマネタイズに関する知識を深めてきました。直近ではSingtel/Amobeeに売却された、Turnの最高経営責任者(CEO)を努めていました。Turn以前には、大手動画広告プラットフォームでYahooに売却されたBrightRollの最高執行責任者(COO)でした。またGoogleでは8年間、Google Display Network、DoubleClick Bid Manager(DBM)、Advertising Exchangeなど、数千億円規模の広告ビジネスの構築と統括に携わりました。

南アフリカにあるステレンボッシュ大学でコンピューターサイエンスの学士号を取得しています。

Vijaya Gadde

法務顧問

Vijaya Gadde

Vijaya Gadde

法務顧問

Twitterの法律、Trust & Safety、公共政策チームを率いる法務顧問です。前職はTwitterの法務担当ディレクターで、国際法および企業法のチームの管理を行っていました。2011年にTwitterに入社する前はJuniper Networksの法務担当シニアディレクターを努め、その前は10年近くWilson Sonsini Goodrich & Rosatiにアソシエイトとして勤務しました。WSGRに在職中はニューヨーク証券取引所のProxy Working Groupおよびコーポレートガバナンス委員会の顧問を努めました。

ニューヨーク大学ロースクールで法務博士(J.D.)、コーネル大学で労使関連学の理学士号(B.S.)を取得しています。

Ed Ho

ゼネラルマネージャー、コンシューマープロダクトおよびエンジニアリング部門

Ed Ho

Ed Ho

ゼネラルマネージャー、コンシューマープロダクトおよびエンジニアリング部門

Twitterの消費者部門およびエンジニアリンググループの部長として、Twitterプロダクトの開発および運営チームを率いています。Google、Yahoo!、IBMのAlmaden Research Center、Sonyの米国リサーチラボでエンジニアを努めてきました。Yahooでは共同でYahoo! Pipesを考案しました。その後Googleでは5年間、スタッフソフトウェアエンジニア、プロダクト管理ディレクターを努め、複数のSNSプロダクトの開発を指揮しました。2012年にGoogleを退社後、Cover(www.coverscreen.com)を共同創設し、最高技術責任者(CTO)を努めました。Coverは2014年にTwitterが買収しています。

イーストテネシー州立大学において、コンピューターサイエンスの学士号を取得しています。

Grace Kim

デザイン & ユーザーリサーチ部門バイスプレジデント

Grace Kim

Grace Kim

デザイン & ユーザーリサーチ部門バイスプレジデント

Twitterのデザイン、ユーザーリサーチ担当のバイスプレジデントとして消費者、ビジネス向けのプロダクト設計と研究の取り組みを統率しています。2011年にTwitterに入社する前はAdobe Systemsのプリンシパルリサーチマネージャーとして9年間、ユーザーエクスペリエンスとマーケティング事業のリサーチチームを統括しました。Adobe Photoshop Lightroomチームの創設時のメンバーで、同社のEntrepreneurs in Residenceと定期的に提携して、新たなビジネスチャンスを見出してきました。それ以前にはSapientで数年間、多くの世界的ブランドのための国際的調査を担当しました。

パトリシア・ロバーツ・ハリス奨学生としてカリフォルニア大学ウェルズリー校の学士号と修士号を取得しています。

Anthony Noto

COO

Anthony Noto

Anthony Noto

COO

Twitterの最高執行責任者(COO)として、Twitterの事業運営と世界的な広告販売、グローバルパートナーシップ、ビジネス開発、リアルタイムコンテンツ、データ、収益商品、MoPubなどの収益にかかわる組織を監督しています。

2014年7月以降、Twitterの最高財務責任者(CFO)も兼務しています。Twitterに入社する前は、Goldman Sachsでパートナーとして、テクノロジー、メディア、テレコム投資銀行部門の責任者などを努めました。また、全米プロフットボールリーグの最高財務責任者(CFO)でもあります。

米国陸軍士官学校で機械工学の理学士号を取得後、ペンシルバニア大学ウォートンスクールで経営学修士号(M.B.A.)を取得しています。





Ned Segal

Ned Segal

CFO

Twitterの最高財務責任者(CFO)として財務、会計、経営企画、企業安全対策、ファイナンシャルプランニングと財務分析(FP&A)、投資家向け広報活動、不動産と職場環境、内部監査、税務、ビジネスの基金分野を監督しています。Twitterに入社する前は、IntuitのSmall Business Groupで財務担当のシニアバイスプレジデントを努めていました。また、世界中のテクノロジー企業に対する特許リスク管理ソリューションのリーダーであるRPX(NASDAQ: RPXC)の最高財務責任者(CFO)も兼務しており、Goldman Sachsで17年間勤務したあと、最終的にはグローバルソフトウェア投資バンキングの責任者であるマネージングディレクターを担当していました。

オープンプラットフォームを維持しながら成長に注力し、Twitterのミッションを推進しながら財政の目標も保護するべく、私たちは挑戦を受け入れる熟練した経営陣と取締役会と共に、これからも最大限の努力を続けてまいります。

  • 前の自己紹介を読む
  • 次の自己紹介を読む

仕事にやりがいを見出す

クリエイティブで好奇心旺盛な世界中のチームメンバーと一緒に働こう