オープンなインターネット

Twitterは、グローバルかつ自由で、安全かつオープンなインターネットの擁護に取り組んでいます。

Twitter logo floating in a blue sky

政策立案者の規制原則

世界中の政策立案者による、インターネットの新たな規制の検討を受け、インターネットは大きな転機を迎えています。オープンなインターネットは、享受できて当然なものとは見なせなくなりました。

そうした政策立案者による法制および規制に関する立案では、多岐にわたる社会的課題や、対立する政策的優先課題が取り上げられています。このような問題に対処する施策は、世界規模の影響力を持つことになり、数十億人規模の人々の情報の共有およびアクセス手段にその影響が及ぶことになります。その余波は、現在ニュースを賑わせている問題以外にも波及し、こうした議論で頻繁に名指しされる、ほんの一握りの企業だけでなく、その他の膨大な数の企業もその影響を被ることになります。

デジタル経済の将来、ひいてはグローバルかつ自由で、安全かつオープンなインターネットの存続が危機に瀕しています。オープンなインターネットの将来は、今まさに決定されようとしている事柄によって形作られることになります。

Twitterでは、こうした課題に必要なのは、市民社会、政府、そして広範な業界の意見を交えた、複数のステークホルダーによる協調に基づいたアプローチだと考えています。そして#OpenInternet(オープンなインターネット)は、グローバルで、誰もが利用でき、オープン標準に基づいて構築されていて、人権を擁護するものであるべきだと確信しています。

オープンなインターネットの擁護

ポリシーに関する議論を伝えることができ、危害に取り組むことと、誰にとってもグローバルかつ自由で、安全かつオープンなインターネットを擁護することの両立に役立つとTwitterが考える原則の詳細については、Twitterのポジションペーパーをご覧ください。

Open Internet Alliance

Twitterは、共通の関心を持つ他の企業と提携して、Open Internet Allianceを発足させました。Open Internet Allianceは、インターネットの将来に関する、政策立案者とのオープンな議論の支援に組織的に取り組んでいます。皆様もオープンなインターネットに関する会話にぜひご参加ください。Open Internet Allianceの詳細についてはこちらをご覧ください。