Twitterの安全な利用

安全に利用するためのツールをご用意しています。

  • 表示される情報
  • 他者に公開される情報
  • アカウントのセキュリティ

ミュートオプション

 

ミュート機能

 

アカウント

アカウントをブロックせずに、そのアカウントからの通知またはタイムラインでのツイートを非表示にします。特定のアカウントのミュートとミュートの解除はいつでも可能です。

 

キーワード

特定のキーワードをブロックして、見たくない単語を非表示にします。ブロックする期間は、[24時間]、[7日]、[30日]、[再度オンにするまで] から選べます。ミュートしたキーワードやハッシュタグ、フレーズなどはタイムラインにも通知にも表示されません。

 

会話

[この会話をミュート] を選択すると、そのツイートに関する通知を停止できますが、送信者をブロックしたり、会話がタイムラインから消えたりすることはありません。

 

 
 

ツイートを見せる相手を限定する。

どのアカウントも、簡単にブロックすることができます。ブロックしたアカウントは、あなたのツイートを見たり、あなたにメッセージを送ったりできなくなります。それでも、あなたのアカウントが公開されている場合、あなたがブロックしたアカウントがログアウトすることで、あなたの公開ツイートを見ることができることがあります。あなたのアカウントを非公開にすると、誰もあなたのツイートを見られなくなります。

不適切な画像/動画

表示される情報を選択

発見はTwitter上の体験のひとつですが、不適切と思われる種類の画像や映像を表示させないように選択できます。不適切と思われる画像や映像が表示される前に警告するよう設定を簡単に変更できます。 

続きを読む

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.
 

セーフサーチ

セーフサーチ機能は、初期設定で不適切な内容が含まれている可能性があるツイートや、ブロックまたはミュートされているアカウントからのツイートをすべての検索結果のページから除外します。

 
 

表示される情報を選択

通知に特定のアカウントを表示させないようにすることで、管理をさらに強化できます。特定のアカウントからの通知を表示させないように選択できます。

非公開アカウントのツイート

 

あなたのツイートを見ることができるアカウントを管理します。

ツイートを非公開に設定すると、新たなフォロワーを随時承認する必要があります。承認された相手だけがあなたのツイートを表示させたり検索することができます。

写真のタグ付け

 

あなたが写った写真であなたにタグ付けできる相手を選択します。

写真のタグ付けは、人とつながる方法のひとつです。自分をタグ付けできるアカウントは、オフ(許可しない)、フォロー中のアカウントのみ、すべてのアカウントから選べます。

 

自分の居場所を表示、または非表示にします。

位置情報を共有するかしないかを選択できます。初期設定では非表示になっていますが、設定画面で変更できます。

アカウントを見つける

 

見つけやすさ

アドレス帳をアップロードすると、連絡先に含まれるTwitterアカウントをおすすめしたり、連絡先に含まれるTwitterアカウントに通知を表示したりする場合があります。

 

ダイレクトメッセージを送受信します。

メッセージを使えば、タイムラインに公開されないメッセージを、選択したアカウントに直接送信できます。メッセージを受け取る相手は、すべてのアカウントから、またはフォローしているアカウントのみから設定画面で選べます。すべてのアカウントからメッセージを受信する設定をしていると、メッセージの画面に2つのタブが表示されます。 受信トレイ(フォロー中のアカウントからのメッセージ)、リクエスト(フォローしていないアカウントからのメッセージ)です。

強力なパスワード

 

アカウントを保護します。

強力なパスワードでアカウントを保護しましょう。少なくとも10文字以上、アルファベットの大文字と小文字、数字、記号を組み合わせたパスワードを設定してください。

ログイン認証

 

アカウントのログインを保護します。

ログイン認証を使うと、Twitterアカウントのセキュリティを強化できます。ログインするたびに、パスワードに加えて、テキストメッセージでスマートフォンに届く6桁のコードの入力が求められます。この認証は、あなたのアカウントへの不正ログイン防止に役立ちます。

アカウントのログイン

 

新たな端末からのログインの警告でアカウントをさらに保護できます。

新しい端末から初めてTwitterアカウントにログインすると、安全のためにメールで通知されます。

パスワードのリセット

 

パスワードをリセットする際の保護機能

アカウントの設定画面(ウェブのみ)で、[パスワードのリセットに個人情報を使う]を選択します。アカウントのパスワードをリセットするために、メールアドレスまたは電話番号の入力が必要になります。

サードパーティーアプリケーション

 

サードパーティーアプリケーションの選択は慎重に。

多数の開発者がTwitterプラットフォーム上でTwitterアカウントと連携して使用できるアプリケーションを作成しています。こうしたサードパーティーアプリケーションには、十分に注意したうえでアカウントの利用権限を許可してください。アクセス許可の見直しと取り消しはいつでもできます。

最新情報をチェック