ツール

Twitterの安全なご利用のために。

Twitterは、オープンで誰でもアクセスできるコミュニケーションプラットフォームを維持し、ご利用の皆さんにとって安全な環境を提供する責任を負っています。ここでは、アカウントを安全に保ち、設定を理解して、Twitterの使用環境をコントロールする方法について説明します。

 


  

アカウントを安全に保つ

アカウントを安全に保つための基本的な項目をご紹介します。

  • 推測されにくいパスワードを使用する。 大文字、小文字、数字、記号がすべて入った10文字以上のパスワードを使用してください。絶対に他人にパスワードを教えないでください。アカウントを安全に保つ効果的な方法については、こちらをご覧ください。
  • ログイン認証を使用する。 ログイン認証は、利用者本人だけがアカウントにアクセスできるようにする機能です。これにより、パスワードと電話番号の両方を知っている人だけがアカウントにログインできるようになります。使用方法については、こちらをご覧ください。
他の利用者に公開される情報を管理する

Twitterの各種設定についてご紹介します。ご確認の上、適切な設定を行ってください。

  • ツイートを非公開にする: ツイートを公開する相手を限定したい場合は、ツイートを非公開に設定できます。非公開アカウントでは、ツイートを閲覧できるTwitter利用者を個別に手動で承認してください。承認された利用者のみが、非公開アカウントのツイートを表示、検索できます。ツイートを非公開にする方法については、こちらをご覧ください。
  • 画像へのタグ付け: Twitterでは、他の利用者が画像を投稿してあなたをタグ付けできます。タグ付けは他の利用者とつながるにはとても効果的な機能ですが、プライバシーを重視する利用者のことも考慮し、細かく設定できるようになっています。タグ付け設定には、(1)誰でもあなたをタグ付けできるように許可する、(2)フォロワーのみにタグ付けを許可する、(3)誰もタグ付けできないようにする、のいずれかを選択できます。画像のタグ付け設定を変更する方法については、こちらをご覧ください。
  • 見つけやすさの設定: Twitterには、他の利用者がメールアドレスや電話番号から簡単にあなたを見つけられる機能があります。しかし、この機能をオフにして、他の人から見つけられないようにすることもできます。設定を変更する方法については、こちらをご覧ください。
  • 位置情報の共有に関するヒント: ツイートの位置情報については初期設定ではオフになっています。これをオンにするとツイートに位置情報(都市名など)を含められます。この設定は皆さんご自身で自由に選んでください。ツイートに位置情報を追加する方法や解除する方法については、こちらをご覧ください。
  • ダイレクトメッセージ: ダイレクトメッセージは、Twitterでプライベートな会話を行う機能です。ダイレクトメッセージを誰からでも受け取るか、フォローしているアカウントからのみ受け取るかを選べます。設定を変更する場合、セキュリティとプライバシー設定のページで設定してください。
表示される情報を管理する

Twitterで特定のコンテンツを表示したくない場合の対応策をご紹介します。

  • ミュート: ミュートでは、アカウント、会話、特定のキーワード、絵文字、ハッシュタグを表示しないようにできます。アカウントをミュートすると、そのアカウントのツイートはあなたのタイムラインに表示されなくなります。ミュートしていることが相手に知られることもありません。また、特定のキーワードや会話を含むツイートの通知をミュートすることもできます。アカウント、会話、キーワードのミュートを解除する場合は設定を変更してください。ミュートの詳細については、こちらをご覧ください。
  • ブロック: ブロック対象のアカウントは、Twitterにログインしている間、そのアカウントからあなたに連絡したり、あなたの情報を見たりできません。ブロックにより、そのアカウントはあなたをフォローする、画像にあなたをタグ付けする、あなたのツイートを表示するといった操作ができなくなります。関わりをもちたくないアカウントへの対処法としてブロックは有効です。ブロック対象のアカウントがあなたのプロフィールに移動しようとすると、ブロックされていることを知らせるメッセージが表示されます。

    ブロック対象のアカウントからの返信または@ツイートは@ツイートタブに表示されません(ただし検索にツイートが表示されることはあります)。なお、ブロック対象のアカウントがあなたのアカウントをTwitterに報告する場合は、あなたが送った相手のアカウント宛ての@ツイートが閲覧、添付作業のために相手に表示されます。ブロックの詳細については、こちらをご覧ください。

  • メディアの表示と閲覧を管理する: アカウント設定では、不適切な内容を含む可能性のあるツイート内のメディアに対して警告メッセージを表示するように指定できます。 初期設定では警告メッセージが表示されるようになっていますが、いつでも設定を変更できます。 メディアの設定の詳細については、こちらをご覧ください。
Twitterルールに違反しているアカウントの報告

ブロックやミュートで問題が解決できない場合には嫌がらせ、いじめ、または脅迫行為を行っているアカウントを報告できます。Twitterは報告に基づいて調査を行い、適切な対応を判断します。差し迫った危険を感じる場合は、地域の捜査機関に相談してください。

捜査機関に相談する場合は、以下の情報を用意しておくとスムーズです。

  • 脅迫的なメッセージまたは嫌がらせのメッセージを印刷したりスクリーンショットで保存したりしておきましょう。
  • 危険を感じる理由を詳しく説明できるようにしておきましょう。
  • その他のウェブサイトで行われた嫌がらせ行為の証拠など、この問題に関連すると思われる人物の情報や背景情報を提供できるようにしておきましょう。
  • これまでに行われた脅迫行為について、すべての情報を提供できるようにしておきましょう。