Twitter For Goodパートナー

私たちは社会貢献分野の専門家たちと支援活動に努めています

サンフランシスコのパートナー

パートナーがいなければ、私たちは今やっている仕事を実現できませんでした

826 Valenciaは、6~18歳の経済的に恵まれない学生たちに創造的かつ説明的なライティングスキルを付けさせ、教師たちが生徒に書く力を啓発するよう熱心に支援する非営利組織です。
The Arc San Franciscoは発達障害者を対象とした施設で、その革新的な教育およびキャリアプログラム、独立した生活への支援、幅広い芸術や娯楽の機会を高く評価されています。
At The Crossroadsはカウンセリングベースのアウトリーチプログラム、1対1のカウンセリングミーティング、その他の社会福祉団体や市当局との協力を組み合わせることで、十分なサービスを受けていない路上生活者の青年や若者の支援に尽力しています。
BAVCは全国のメディア製作者のためのコミュニティハブとリソースです。BAVCは、メディア制作技術やストーリーテリング講座にアクセスできるサービスまたはリソースを、多くの制作者やプロデューサーが集まるコミュニティに提供しています。
Bay Area Women’s and Children’s Centerは多様な人種が集まる、サンフランシスコのインナーシティ地区の低所得者の家族、子供や女性たちのニーズに焦点をあて、生活を改善するための直接的なサービス、支援運動や計画を提供しています。
Bessie Carmichael Elementary Schoolは個々の園児が能力を最大限に伸ばし、カレッジへの進学準備やキャリアの準備に向けた基礎を築けるよう尽力しています。
Black Girls CODEは、肌の色に関係なく、女性には未来のプログラマーになるスキルが備わっていると世界に示すための取り組みを行っています。クラスやプログラムを通して、テクノロジー業界で働く多くの黒人女性を育て、恵まれない女性に技術界で成功するチャンスを与えたいと願っています。
Boys & Girls Clubs of San Franciscoは、学問的成功、健康なライフスタイル、善良な性格、地域社会への関与と就職準備を整えることに焦点を当て、クラブ会員の生活にポジティブな影響を与えることを目標としています。
1907年に創設され、慈善事業と正義の伝統に根ざしたCatholic Charitiesは、社会福祉と健全な成長や発達の機会を通じて家族、高齢者、障碍者と若者を支援しています。
10th & Mission Family Housing projectは手頃な価格の住宅、利用しやすい保育、ケースマネジメントおよびファミリー支援という強力な組み合わせのサービスを一カ所のサイトで提供しています。
St.Joseph’s Family Centerは、家族が健全な関係を保てるように、1日3食の食事、カウンセリング、介入支援、就職あっせん、育児ワークショップ、子供のアクティビティプログラムを提供する緊急保護施設です。
The Children’s Creativity Museumの使命は、全ての子供や家族の創造性と協力を育むことです。私たちは創造的な表現、革新、批判的思考が次世代を育成するための核心部であると信じています。
Tenderloin Walking Tourが資金提供を行っているCode Tenderloinは、人々が長期雇用の尊厳を守る上での障害を取り除くことにより、機会および職業スキルを支援しています。
Common Senseは、メディアやテクノロジーの世界での子供たちの活躍を、先頭に立って支援する独立非営利組織です。両親、教師、政策立案者に先入観のない情報、信頼のおけるアドバイス、革新的なツールを提供することによって、子供たちの人生の中でメディアやテクノロジーをポジティブな力としてを活用できるよう促しています。
Community Housing Partnershipは質の高い支援住宅を開発および管理し、路上生活者、高齢者および家族が生活を再構築し、路上生活の循環を断ち切るためのサービスを提供しています。
パートナー組織と協働しているCompass Family Servicesは、市内で最も歴史のある家族向けのセーフティネットです。
CounterPulseは新進芸術家や新しい文化の発信者にスペースとリソースを提供するとともに、芸術とアイデアについてオープンにやりとりできるフォーラムを創設し、私たちの地域や社会における変革を促しています。
Curry Senior Centerはプライマリーケア、ケースマネジメント、薬物乱用カウンセリング、教育機会、および高齢者のための毎日の朝食と昼食を提供しており、これにより高齢者の自信と自決を維持しています。
De Marillac Academyは独立したカトリック系の学校で、学生や卒業生が能力を最大限発揮できるよう、教育的、社会経済的な活動の場の平準化に取り組んでいます。
Delivering Innovation In Supportive Housing (DISH) はサンフランシスコ公衆衛生局のDirect Access to Housing(DAH)プログラムに独占的に特注の不動産管理サービスを提供しています。
Demonstration Gardensは、より持続可能な社会の構築に焦点を当てている、サンフランシスコの都市ガーデニングコミュニティです。
DrawBridgeは、革新的なアートプログラムを通じて路上生活者や不当な扱いを受けている子供たちを元気づけています。Drawbridgeでは、心の傷を喜びや自信、希望に変えられるようにと、アートプログラムを各所無料で実施しています。
Episcopal Community Services of San Franciscoの全体論的アプローチは、路上生活を防止するために路上生活者や非常に低所得の人々が住居、仕事、各人が必要とする基本的なサービスを得るのを手助けしています。
The Eviction Defense Collaborativeはサンフランシスコにおいて緊急法律支援と家賃補助を提供し、低所得の間借り人が立ち退き訴訟に対応するのを支援する主要な組織です。
Faithful Foolsは、不公平や貧困のサイクルが止まらない要因となっている政策、態度、先入観に対処することにより、低所得層と経済的に豊かな層の関係を築いて教育する組織です。
Family Houseは、カリフォルニア大学サンフランシスコ校病院で癌やその他の深刻な病気の治療を受けている子供の家族に、一時的に無料の住居を提供する非営利団体です。
GLIDEの使命は、苦しみを和らげ、貧困と疎外のサイクルを断ち切るために結集された、徹底的に受容的、公正かつ愛情に満ちたコミュニティを創り出すことです。
Gubbio Projectは、サンフランシスコの路上生活者のために日中のシェルターをSt.Boniface ChurchとThe Episcopal Church of St.John the Evangelistで提供しています。
Hack the Hoodは低所得の有色人種の若者たちをテクノロジー業界に紹介し、地元の中小企業向けのウェブサイトを構築できるように雇用し訓練している、受賞歴のある非営利組織です。
Hamilton Familiesの使命はサンフランシスコのベイエリアにおける家族の路上生活をなくすことです。
HandUpの使命は主に、路上生活者や助けが必要な隣人たちに直接的な援助を提供することです。
Harm Reduction Coalitionは、薬物使用による影響を受けた個人やコミュニティの健康や尊厳を訴える、米国の弁護組織および能力開発組織です。薬物使用の悪影響(過剰摂取、HIV、C型肝炎、依存症、入所を含む)に対処すべく、バームリダクション(危害低減)に向けたポリシー、慣行、プログラムを推進しています。
HOMEYは犯罪などの危険にさらされている青年や若者に教育、自立、非暴力の道を選択するよう指導することにより、彼らの生活を転換させることに取り組んでいます。
Hospitality HouseはサンフランシスコのTenderloin、Sixth StreetおよびMid-Market地区の住民のためのコミュニティセンターです。
Inveneoは発展途上国で最もそれを必要とする人たちに情報技術(ICT)のツールを提供します。
JVSは、人々がスキルを身に付け、仕事を見つけて自立するための支援をしています。40年以上にわたり8万人の就職を支援し、ベイエリアコミュニティの強化に努めています。
The Justice & Diversity Center of the Bar Association of San Francisco's Office of Economic and Workforce Developmentは、地域、ビジネス、商業ルートや労働力を強化することによりサンフランシスコの経済活力をサポートしています。
JVSは人々が職探しをするために必要なスキルの構築を助け、才能を発掘し従業員を発展させようとしている雇用主とつなげる手助けをすることにより、サンフランシスコのベイエリアの生活を転換させています。
La Casa de las Madresは、家庭内暴力のない生活とより前向きな将来の見通しを擁護しています。La Casa de las Madresは変化を求める難民、提唱者および力強い発言者です。サービスは無料で、相談内容の秘密は守られます。年中無休24時間体制で多言語に対応しています。
877-503-1850
La Cocinaは、才能ある生粋の起業家コミュニティに適切なリソースがあれば、自立した事業を立ち上げることができ、それが自分自身、家族、コミュニティ、都市全体にとってプラスになるという信念から生まれました。
1984年に創設されたLarkin Street Youth Servicesは、サンフランシスコおよびその先における #endyouthhomelessness (若者の路上生活撲滅)を先頭に立って訴えています。
当基金と当院は、Tenderloin Health Improvement Partnershipにおいてコミュニティパートナーと協力し、テンダーロイン地区での医療効果の改善に取り組んでいます。
当基金のミッションは、Priscilla Chan and Mark Zuckerberg San Francisco General Hospital and Trauma Center(Zuckerberg San Francisco General)でのあらゆる優れた研究、教育、ケアを推進することです。
Level Playing Field Instituteは@KaporCenterの非営利事業であり、@SMASHAcademyにて有名な #STEM 教育プログラムを提供しています。
LightHouse for the Blind and Visually Impairedは1902年以降、眼の見えない人たちや視覚障碍者にサービスを提供しており、ナパとカリフォルニア周辺のオフィス数か所でEnchanted Hillsキャンプを運営しています。
Meals on Wheelsは最古かつ最大の全国組織で、高齢者の飢餓と孤立の是正のための5,000強の地域プログラムを支援しています。
受賞歴のあるデザインスタジオ、Oakland Digitalは、学生と事業主間の機会とデジタルリテラシーの分断において橋渡しをしています。
Oasis For Girlsはサンフランシスコの貧困地域の有色人種の少女や若い女性と提携し、力強い未来の構築を手助けしています。
One Degreeは低所得の家族と貧困撲滅のためのリソースとをつなぐ方法を革新しました。One Degreeはまた、非営利のテクノロジーのスタートアップ企業で、貧困撲滅を使命としています。
1997年に一人のエンジニアがLEGO®を使って子供たちをエンジニアリングに取り組ませるというアイデアを思いつきました。20年後、50万人以上の子供たちがPlay-Wellプログラムに参加しています。
Project Homeless Connectは、サンフランシスコの路上生活経験者が前進するために必要なケアを提供しています。
Project Open Handは毎日サンフランシスコのベイエリアにて、125名強のボランティアの人たちが、病気または高齢の隣人たちに「愛のある食事」を2,500食提供しています。食物=愛情
Raphael Houseは、犯罪などを起こすリスクの高い子供たちと彼らの両親が安定した住居および金銭的独立を達成する支援をしながら、家族のつながりと個人の尊厳を強化しています。
San Francisco Parks Allianceは、街中の公園や公共の場を保護、変革、活性化することで、サンフランシスコ住民のこの先長年にわたる生活に影響を与えています。
SF City Impactは33年間、サンフランシスコ中心街の人々のために介入支援をしてきました。
SF Public Worksmaking San Francisco a beautiful, livable, vibrant, and sustainable city.
Sparkは毎日、学生がかかわりを深め学習がより実生活に即したものとなるように、学生とメンターとの関係の育成に取り組んでいます。
St.Anthony'sは貧困生活を送るサンフランシスコの住民に必要不可欠な支援を提供しています。
Saint Francis Memorial Hospitalは、整形外科、火傷処理および緊急医療で知られたサンフランシスコの主要地域病院です。
St.Francis Living RoomはTenderloin地区で20年強の間、低所得や路上生活をおくる高齢者に毎日朝食やアクティビティを提供してきました。
St.Vincent de Paulは貧困者向けの奉仕活動とともに、人々への奉仕活動機会の提供にも尽力しています。
Tenderloin Housing Clinicは路上生活者や低所得の人々が収入を安定させ、住居を得られるように、住宅と法律のサポートを提供しています。
Tenderloin Economic Development Projectは芸術、教育、住宅、ホスピタリティ、テクノロジーなどの分野における近隣の利害関係者の多様な集団と協働しています。
Tenderloin Economic Development Projectは低所得者の住人4,100人向けにサンフランシスコ近隣の6地区に39の建物を建設し、35年間コミュニティのために有意義な影響をもたらしてきました。
Tenderloin Walking Toursは、90分間でサンフランシスコの歴史、文化遺産を回るツアーで、2009年にDel SeymourがCode Tenderloinという教育プログラムの資金を調達するために開始しました。
低所得者層地域のための活動
Vietnamese Youth Development Centerは、恵まれない状況にあるアジア太平洋諸島と都市部の若者に、将来設計や潜在能力の発揮につながるよう、知識と自信を与えることを目指しています。
Year Upは都市部の若者が真の能力を実現するために必要な教育、経験および手ほどきにアクセスを得る未来を想定しています。
最新情報をチェック